三つ実のらくがきちょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小島航と冷たい世界? 2」

<<   作成日時 : 2007/11/14 03:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

/*/

芝村 :目が覚めると、航が貴方を見ている。

芝村 :ここは学校の医務室だ。

三つ実 :「あれ?小島くん」

三つ実 :「ここって・・学校?」

:「間抜けなのも、いい加減にしたほうがいいな。先生」

三つ実 :「もしかして・・・助けて」

芝村 :NGワード再び

三つ実 :わあああ

芝村 :航はにらむと、お大事にといって出て行った。

三つ実 :わたしのアホー!

三つ実 :急いで追いかけます!

芝村 :駄目だ。よろける。

芝村 :航が戻ってきた。

三つ実 :「ごめんなさい!これも2度といわないです!待って!」

芝村 :貴方を見ている。

:「もしかして、わざと?」

三つ実 :「ごめんなさい、ありがとう・・・」「わざとなんかしないよ!」

:「どうだか」

三つ実 :真剣に見ます

三つ実 :「絶対しないです」

芝村 :航は貴方の尻尾を見た。

芝村 :尻尾はぱたぱた揺れている。

:「・・・・」

三つ実 :「あ、珍しいかな・・・?」

芝村 :犬の尻尾がパタパタしていると上機嫌なんだよ。

三つ実 :そうですよね、そうなのだと思いましたがなんていおう・・・
(※獣耳とかふつーにあって良いのだろうか?とちょっと迷ったので)

芝村 :航は顔を赤くして肩を怒らせて行った。

三つ実 :「小島くんと話せて勝手に動きます・・・」

:「心配して損した」

三つ実 :「ええっ  ごめんなさいごめんなさい」

三つ実 :「でも勝手に動くんだもの」

三つ実 :「振らないようにするから、待って」

芝村 :教室に入られた。

三つ実 :走ります

芝村 :目の前でしまった。

三つ実 :ああーええと、じゃあ入ります

三つ実 :「失礼しますー」

:「教室が違いますよ、先生。美術室はあちら」

三つ実 :他に生徒がいるんでしょうか?

芝村 :ええ。

芝村 :一杯

三つ実 :何時間目くらいですか?

芝村 :4時間目だよ

三つ実 :「私も授業ここで受けちゃおうかなー・・・」

芝村 :生徒だっけ

三つ実 :成人してるので生徒出来ないですよね

芝村 :ごまかして入ることは出来るよ。

芝村 :アイドレスは学園ごっこやりたい成人も多いから

三つ実 :じゃあごまかします

芝村 :はい。受けられる。設定上は、航と同じ?年上?

三つ実 :上です  ああーだめ

三つ実 :同じでないと教室変わりますね

芝村 :どうする?

三つ実 :同じでお願いします。すみません

芝村 :はい。同じです。同級生です。

芝村 :自分でもちょっと気恥ずかしい感じです。

三つ実 :「席は・・・」あるのかなと心配しつつ、恥ずかしそうに・・・

三つ実 :小島航がいなくなってないか気にしてみます

芝村 :航の隣の席だ。

三つ実 :「よろしく・・・」にこっ

:「……先生、無理がありすぎませんか。その制服」

三つ実 :「先生じゃないですよ、今は生徒です」

三つ実 :「制服は、まあ・・・」恥ずかしい

芝村 :航は窓の外を見た。

芝村 :授業が始まってる

三つ実 :外に何が見えるか、同じものを見ようとします

芝村 :そして貴方は怒られた。出席簿で頭叩かれる。

芝村 :航も叩かれた。

三つ実 :「す、すみません!」

三つ実 :あ、たたかれたーと思って見ます

芝村 :航は貴方をにらんでいる。

:(君のせいだ)

三つ実 :「小島くんのせいでしょー」

三つ実 :「外見てるから、何いいものがみえるのかなって」

芝村 :航は、もう貴方と話すのをやめた。

芝村 :寝始めた。

芝村 :アニメ版みたいに(笑)

三つ実 :「うわ・・・」がっかり・・・
(※話が終わったのがPC的にがっかり、です)

三つ実 :ちょっと気にしながら授業を聞きます。後でノートを写させてあげられたらいいなと思いながら

三つ実 :(泳いだから疲れたのかな、だったらいいけど・・・)

芝村 :貴方はまだ寒いし熱っぽい

芝村 :せめて薬飲めばよかったと今頃思った。

三つ実 :(気合で!今日だけはー)

芝村 :そして貴方はへばった。

三つ実 :ああ 倒れすぎですね・・・

三つ実 :「まだ寝れないのに・・・」

/*/

三つ実 :薬今から飲みにいけたりしますか?もう倒れてるのかな・・・

芝村 :目が覚めると医務室だ。

芝村 :ついでに着替えている。

三つ実 :あっすみません

芝村 :航が貴方を見ている。

三つ実 :「あれ」

芝村 :あきれているのと冷たいので半分づつだ。

三つ実 :「あああっ」またやってしまったと思います

三つ実 :「ごめんなさい、ごめんなさい」

三つ実 :「お世話になりました!」

三つ実 :「ありがとうございます!!」

:「間抜けな先生だね」

芝村 :航は薬と水差しとコップを渡した。

三つ実 :「・・・三つ実です」

三つ実 :「ありがとう・・・」しゅんとして受け取ります

三つ実 :飲んでまたお礼を言います「ありがとう」

芝村 :恋愛薄いとかいいながらこのままでは完璧なラブコメだと思った。

三つ実 :なんでだろう・・・<ラブコメ

三つ実 :そんなつもりもなく ドジが過ぎました・・・

三つ実 :「ごめんね、ありがとう。でもまた追いかけます」

:「やめてください。たぶん、あなたのために」

三つ実 :「迷惑なのわかるけど、やめられないです、ごめんなさい」

芝村 :航は、もう、いない。


/*/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「小島航と冷たい世界? 2」 三つ実のらくがきちょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる