三つ実のらくがきちょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「航と天領にて 2」

<<   作成日時 : 2008/01/18 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

/*/

芝村 :航はどこか迷ってるようだ

三つ実 :「…困ってるの?こういうこと出来るの」

:「……先生には分らないよ」

三つ実 :ちょっと心配そうに聞いてみます
「うん・・・ でも教えてもらったらダメかな?…分かる様に努力する」

:「……」

:「外に出よう」

三つ実 :「うん」
ついて行きます
離れすぎないようにします

芝村 :外に出た。廃ビルまでついたよ

三つ実 :「ビル…だね?」まわりも見てみます

芝村 :ビルの中に入った。人気はない。

三つ実 :黙ってついて行きます。

三つ実 :「(どこまで行くんだろう…)」

芝村 :なんかふんだ。

三つ実 :「?あれ?なにか…」足元をそっと見てみます

芝村 :女性物の下着だ。汚れている。

:「こういうところは犯罪に良く使われるんだ。直ぐに壊さないとね」

三つ実 :「?なんでこんなのが」
「…そっか、そうだね」そういうものでしたかーorz

芝村 :航は柱を破壊した。

三つ実 :航と周りを息を呑んで見ています

芝村 :航の手が、化け物みたいだ。

:「このまま、なにもかも壊せたらと思う」

芝村 :航は手から光を放って爆発させた。

三つ実 :ああー うーん…<化け物みたい

三つ実 :「うん…」

芝村 :貴方の上にぱらぱらとなにか落ちてきた。

芝村 :声。

芝村 :柄の悪そうなのが何人か、ビルに入ってきた。

三つ実 :「…?」上を見てみます。

芝村 :ビルが倒壊しそう。

芝村 :航が歯を見せて笑った。

三つ実 :あれ「誰か来たよ!」

:「犯罪者め……」

三つ実 :「小島くん!一緒に逃げよう!」

芝村 :不良が見えた瞬間、航は笑ってそいつらを撃った。

三つ実 :「ビルがもたないよっ」

芝村 :3

芝村 :2

芝村 :1

三つ実 :手を掴んで

芝村 :0

三つ実 :逃げます

芝村 :照準がずれた。不良は吹き飛び損なった。
ビルが倒壊した。

三つ実 :逃げられましたか?

芝村 :航に守られた。
貴方は無傷だ。

:「少しは理解した?」

三つ実 :「あ ありがとう… 小島くんは大丈夫だった?」

:「……別に」

三つ実 :「あ、はい。ちょっとは分かった気がする。」
顔を見ます。心配そうに。

芝村 :航は、貴方が最初に見た頃に戻ってしまったようだった。

芝村 :暗い目をしている。

三つ実 :「人の悲しい事までたくさん感じてるんだね」

三つ実 :「小島くんはやっぱり優しい人だ」

:「間抜けな発言だよ、先生……」

三つ実 :「そうかな?だから世界に頭にくるんでしょ?人のぶんも怒ってる」

三つ実 :「わたしはそう思ったよ」

:「……そういう言われ方は嫌いだ」

三つ実 :「ごめんなさい・・・えーと…」

:「無理に喋らないでいいから。いこう」

三つ実 :「他の言い方今思いつかないけど、そういうところ嫌いじゃないなって思ったの!」ついて行きます

三つ実 :「ごめんね」

:「直ぐ謝るのも嫌いだ」

三つ実 :「はい・・・気をつける」

三つ実 :離れないようにしながらついて行きます。暗いままなんですよね?<航

芝村 :まだ。昼だよ。

芝村 :まあ、がんばってくっついて歩いてる。

三つ実 :「お昼みたいだね。何か食べる?小島くん」時々走りながら追いかけます
もう、人のいるところを歩いてるんでしょうか?

芝村 :ええ。ようやく人のいるところに出た
ビル倒壊で人が集まりだしたとも、いう

三つ実 :ああ、そうでしたか…

:「僕はいいから、食べにいけばいいじゃないか」

三つ実 :「ううん。だったらわたしもいい」

:「じゃあ、僕は食べに行くから。さよなら」

三つ実 :「なんでっ?置いていかないでー!」追いかけます!

三つ実 :「じゃ、じゃあ食べるの見てる…」

:「……なんで僕をそんなに観察したがるの?」

三つ実 :「…観察というか…一緒に食べたくないなら見てるしかないなって思ったんだけど…」おろおろしながら

:「僕のことをどう思っているの?」

(※この間ロールしてないけど返事に困ってちょっと沈黙)

三つ実 :「…好き」ちょっと困ったような…照れて顔を見ます

芝村 :ああ、航が変な顔をしている。

:「冗談は受け付けない」

芝村 :航は腹をたてて?歩き出した。

三つ実 :「冗談じゃないよ!」

三つ実 :「なんでよー!なんで冗談になるの?」走って追いかけます

:「そんなそぶりなかった」

三つ実 :「だって、恥ずかしいもん!」

三つ実 :「いいタイミングで言いたかったんだもんっ」

三つ実 :「嫌われてるって思ってたし…」

:「……知らない」

:「嫌いなんて一度も言ってない」

芝村 :航、大嘘つき

三つ実 :「ばかー!」

三つ実 :「でも好きだから!」
離れないように頑張ります。

三つ実 :「(涙でそう…)」

/*/

あとがきのようなもの
(※今の所評価下がらずにきてるけど、なんかわたし鈍い気がして
このツケがその内来そうで恐ろしいです…orz)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「航と天領にて 2」 三つ実のらくがきちょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる